「ほっ」と。キャンペーン

川の種をわける話 (表紙)

a0066750_1350447.jpg

みなさんは宮古島の民話をきいたことがありますか?
宮古島の民話には、サルやキツネ、イノシシ、カラス、カエルなど、いろいろ出てきますよ。
きょうは 「川の種を分ける話」 をします。 種というと、お花の種のことも言いますよね。
川の種というと、どうやら水、それもポトポトとおちる、あのしずくのことのようですよ。
 しずくや水が集まって川になるんですね。
このお話は、20年前、当時80才の佐渡山マツさんが話してくれました。

絵と文: 佐渡山 政子 (さどやま せいこ)
Copy right of 2005. All rights reserved by Seiko Sadoyama
[PR]
# by miyakojima-story | 2005-11-15 13:54

川の種をわける話 (1)

a0066750_1347751.jpg

1.
むかし、新里村の司屋うたきの近くに、はやり病(やまい)にかかっている男の子がいました。
体中に膿(うみ)をもった、おできだらけのその男の子を、村の人たちは毛ぎらいしていました。
[PR]
# by miyakojima-story | 2005-11-15 13:48

川の種をわける話 (2)

a0066750_13441126.jpg

2.
ある晩、父親は息子を呼んでこう言いました。 「かわいそうだが、おまえはみんなのきらわれ者だから、村にはいないほうがいい。 野原嶺の後ろに水がたくさんある。 でもそこは、誰もめったに行かない所だから、人の目気にせずに自由に暮らせるだろう。 そこへ行きなさい」
[PR]
# by miyakojima-story | 2005-11-15 13:45

川の種をわける話 (3)

a0066750_13401144.jpg

3.
男の子は、父親の言う通り野原田に行き、住むことにしました。
そこでイナゴを捕ったり、木の実を採って食べたりして、暮らしていました。
[PR]
# by miyakojima-story | 2005-11-15 13:41

川の種をわける話 (4)

a0066750_1337574.jpg

4.
ある日のこと、田んぼのあぜ道でイナゴを捕っているうちに、竹やぶに入り、竹の切り株を踏み
はずし、足にトゲが入ってしまいました。
あまりの痛さに男の子は 「あが~あが~、助きふい~る~」 と、泣き叫びました。
[PR]
# by miyakojima-story | 2005-11-15 13:38

川の種をわける話 (5)

a0066750_13342174.jpg

5.
その泣き声を聞きつけて、やってきたのは野原村の人でした。 しかし、そばに来てみると、汚い
うみだらけの男の子です。
「アガイ、しっしゃなさ~、お前は病気もちじゃないか。 きたない! 誰が知るものか。 勝手にトゲにでも刺されて死ぬがいい」 と言って、見捨てて行ってしまいました。
[PR]
# by miyakojima-story | 2005-11-15 13:36

川の種をわける話 (6)

a0066750_1330502.jpg

6. 
他にも何人もの村人が通りかかりましたが、みんな眉(まゆ)をしかめて、見捨てて行ってしまいました。そこへ下地の洲鎌村の農夫が牛に水を飲ませるために、やってきました。
そして、助けを求めて泣き叫んでいる男の子に気が付きました。
[PR]
# by miyakojima-story | 2005-11-15 13:32

川の種をわける話 (7)

a0066750_13211294.jpg

7.
 「一体どうしたんだ」。 よく見ると、はやり病いの男の子が足に大きなトゲを刺したまま、動けずにいるのです。
「アガイ~、アガイ~、タスキィフィール」 と口を歪めているので、「ツンダラッサー(かわいそうに)」 と言って、トゲを取ってあげました。
[PR]
# by miyakojima-story | 2005-11-15 13:23

川の種をわける話 (8)

a0066750_13263773.jpg

8.
男の子はようやく、笑顔になって 「タンディガータンディ、ありがとう」 と、何度もお礼を言いました。 そして、「お礼に何か差し上げたいのですが、こんな体でどうすることもできません」 と言いました。 すると、洲鎌村の農夫は 「いやいや、お礼など要らぬ、ただおらの村には水が少なくてあ。 そこの川ががーの水を分けてもらえると助かるのだが」 と言いました。
[PR]
# by miyakojima-story | 2005-11-15 13:21

川の種をわける話 (9)

a0066750_1314777.jpg

9.
男の子は「そんなこと、たやすいことです。 こんなことでお礼ができるのであれば」と言って、クワズイモの大きな葉っぱに川ががーの水を包んできました。 「この水は、島にどんな干ばつがやってきても、枯れることがなく、とてもおいしい酒のような水です。 命が若返る水ですよ」 と、呪文でも唱えるように差し出しました。
[PR]
# by miyakojima-story | 2005-11-15 13:14

川の種をわける話 (10)

a0066750_13105228.jpg

10
洲鎌村の農夫は川ががーの水を受け取ると、「タンディガータンディ、ありがとう。 これさえあれば、おらが村もこれからは水には困らない」と言って、ソロ~リ、ソロリ、水をこぼさないようにゆっくり、ゆっくり村に帰りました。
牛さんも、ひもを農夫の腰に巻かれて、ソロ~リ、ソロリと付いていきました。
[PR]
# by miyakojima-story | 2005-11-15 13:10

川の種をわける話 (11)

a0066750_1365497.jpg

11.
ところが、農夫は村へ帰る途中下地のツシフグのあたりまで来ると、石につまづいて倒れてしまいました。
その拍子(ひょうし)に、クワズ芋の葉っぱで包んできた水は見る見る地面に染みこんで、やがては消えてしまいました。
[PR]
# by miyakojima-story | 2005-11-15 13:09

川の種をわける話 (最終)

a0066750_131303.jpg


12.
がっかりしている農夫の目の前に、地中から水が湧き出し、川となって流れ始めました。
農夫は、この不思議な出来事に大喜びし、踊りだしました。 今では、この川をピサ川と呼んで沖縄製糖のそばを流れる、酒田川 (サキタガー) にそそいでいるということです。 うすか (おしまい)
[PR]
# by miyakojima-story | 2005-11-15 13:04